福岡県北九州市門司区でインプラント・骨造成・口腔外科なら兒玉歯科クリニックへ。 当院は、インプラント治療法が開発されたスウェーデンで最先端の技術を学んだ院長のもと、患者さんの体の状態を最優先に考え、安全かつ短時間で、最適なインプラント治療法をご提案しております。

当院の特徴

  • HOME »
  • 当院の特徴

運営理念

「当院を頼ってくる全ての患者さんに、噛むよろこび、食べる楽しみを取り戻して頂く。」これが、兒玉歯科クリニックの運営理念です。

たとえば、これまでに検討したけど、インプラント治療できないと言われた患者さんでも、あきらめる必要はありません。

インプラント治療を行うにあたって、人工歯根を埋め込むのに十分な骨がない場合などは、骨を造って足す手術が必要です。
当院の骨造成技術によって、高齢などで骨が少なくなった患者さんでも、インプラント治療を受け、おいしく食べられる人生を取り戻しています。

 

院長あいさつ

患者さんに良い治療を行いたい一心で、研究を突き詰めてきました。
インプラント治療で最も大事なのは、基礎的研究に裏打ちされた治療です。
スウェーデンだけでなく、国内においても、インプラント治療の第一人者である高橋哲(たかはしてつ)教授の元で、長年経験を積んできました。

多くの国内、そして国際学会でも発表してきましたが、これまで得てきた経験、学んできた知識を、当院の患者さんに、還元したいと考えています。

兒玉歯科クリニックでは、世界標準の科学的根拠に基づいた、先進の治療を実施しています。

a-1

 

 

院内のようす

※画像はクリックで拡大できます

 外観

新しいけどレトロな雰囲気も漂う外観/段差がないバリアフリー

 待合室

吹き抜けの広い待合室

 診察室

広々とした開放感のある診療室/治療内容は大型モニターで説明

 診察室

診療室はプライベート空間を確保

 オペ室

最新治療を受けられる大規模手術室

 回復室

術後にくつろげる開放的な回復室

 お手洗い

足腰の悪い方でも利用しやすいトイレ

 カウンセリングコーナー

モニターでわかりやすく解説するカウンセリングコーナー

 CTスキャン

高精度の治療を支える最新鋭CTスキャン

医院沿革

(門司港で、昭和8年より三代にわたって歯科医院を運営)

  • 1933(昭和8)年
    初代:児玉 忠朗(ただお)が、故郷である大分県竹田市から、港町として栄えていた門司港に転居。兒玉歯科クリニック(前身)を開業。
  • 1980(昭和55)年
    二代目:児玉 勝克(まさかつ)が、医療法人としての兒玉歯科クリニックを設立し、理事長兼院長に就任。
  • 2011(平成23)年
    三代目:児玉 崇(たかし)が、大学病院勤務、留学、東京勤務を経て、門司港に帰郷。医療法人 兒玉歯科クリニックを継承し、院長に就任。
  • 2012(平成24)年
    昭和8年の開業から80周年を迎える。
  • 2015(平成27)年
    門司港の栄町銀天街の中に新診療所を建設し、移転。

 

地域医療へのこだわり

mojiko

兒玉歯科クリニックは、門司港で80年以上、3代に亘って地域医療に従事してきました。新診療所の建設地も、栄町銀天街の中にこだわりました。

地元に必要とされる歯科医院であり続けることが、兒玉歯科クリニックの存在意義であると、私たちは考えています。

ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 093-332-7038 ■診療時間
月~金 9:00 - 13:00 / 14:30 - 18:30
土 9:00 - 13:00
■休診日
 土曜午後 日・祝祭日

お問い合わせ

診療時間

 
午前
午後休診

■診療時間

午前  9:00 - 13:00
午後 14:30 - 18:30

■休診日

日・祝祭日

アクセスマップ

■住所

北九州市門司区栄町6-11

お問い合わせ

電話:093‐332‐7038

採用情報

PAGETOP
Copyright © 兒玉歯科クリニック All Rights Reserved.